業者選定の大きなポイント

ウーマン

料金プランは業者毎に様々

有線放送を選ぶ上で大きなポイントになるのが費用です。いくら経費で処理が出来るからと言ってやみくもに選ぶのは良くありません。しっかりと自店舗にあった有線放送業者を自店舗にあった料金プランで選ぶようにしましょう。そもそも有線放送には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは各事業者が用意をする専用端末を店舗に設置して、その端末を用いて音楽を流すもの、そして、もう1つはインターネット回線を利用してパソコンやスマートフォンで音楽を流すものです。前者のサービスは有線放送が始まった当初から行われていたサービスなので、馴染み深いと感じている方も少なく無いでしょう。一方の後者はIT化が進んだ近年になって登場したサービスとなっており、現代的な簡単さや気軽さが売りになっています。なお、後者のインターネットを利用して音楽を流すサービスの場合、自身のCDや音楽配信サイトなどから直接流してしまえば良いと考えるかもしれませんが、その様な形で店舗のBGMとして音楽を利用する場合、個別で著作権料の支払いを行わなければなら無くなってしまいます。その点、専門のインターネットを利用した有線放送サービスであれば権利関係の手続きは全て業者側で行ってくれるので利用者側は何もする必要がありません。権利関係でトラブルに巻き込まれる心配もありませんし、手間をかけずに済むので非常に便利です。肝心の費用相場に関しては従来型の有線放送が5000円前後、インターネット型のタイプが1000円前後から利用できる様になっています。この料金をベースにして使える楽曲数やサービスの違いによって料金が段階的に上がったり、下がったりしていきます。自店舗の使用頻度に合わせて業者そして、プランを見極めて行きましょう。

Copyright© 2018 有線放送を利用する際の注意点【親和性が高いBGM】 All Rights Reserved.